株式会社パックス・サワダ

会社概要Company profile

ごあいさつ

弊社は昭和34年、ダンボール製造・販売会社として産声をあげました。経済の高度成長期、激変期、低迷期と幾多の変遷を経て今日にいたることが出来ましたのもお客様をはじめ、仕入先、金融機関等、皆々様の温かいご指導とご支援のお陰と心から感謝し、厚く御礼申し上げます。

創立以来、終始一貫 包装産業および流通機構の合理化と改革に寄与すべく『こころを包む』をテーマにダンボール製品・紙器製品等の企画・設計・生産、そしてセットアップにいたるまで お客様とのパートナーシップを大切に提案型営業としての体制を確立して参りました。

弊社におきましては、「品質」「コスト」「納期」だけでなく「環境に配慮したモノ創り」「安全性の追求」「スピーディな情報活用と提供」「CSR」など時代に適応したニーズにお応えする為、需要家各位の信頼と満足をいただける企業づくりに全社員一丸となって取り組んでおります。

また、弊社は電気・電子・通信・繊維・自動車産業 等の工業品、食品業界、そしてサービス業とあらゆる業界の需要先様のご指導を得て、地元京都を中心に近畿圏にとどまらず各地のサプライヤー様と連携し全国的に営業活動を積極的に推進し、社会への貢献と環境提案型企業としての永続を経営理念として活動してまいります。
何卒 今後一層のご指導、ご支援を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

株式会社 パックス・サワダ
代表取締役社長 澤田 幸男

社名の由来

社名の由来

P=Package(包装)・A=Art(芸術、技術、熟練)・X(未知数、予測しえない力) PAX=平和の女神

ハーティパッケージスピリット(Hearty Package)を練磨し、『よりすぐれた企画、よりすぐれた製品創り、そしてより働きがいのある企業』に躍進する為、「包装」と「芸術」と「未知数」と「平和への願い」をイメージした社名です。
「トータルパッケージ」をモットーに「人と器の調和」をビジネステーマに物と人をつなぐ重要なキーワード「Package」を創造していきます。

会社概要

会社名 株式会社 パックス・サワダ
英字名 PAX.SAWADA CO.,LTD
創業設立 昭和34年5月13日
代表取締役社長 澤田 幸男
事業内容 ダンボールケース、化粧箱、内容物セットアップ、その他包装資材の企画・デザイン・設計等、製造、販売
営業品目 ダンボールケース、美術包装箱(化粧箱)、陳列什器、包装紙・紙袋(各種製袋)、ポスター・パンフレット等、タックシール・下げ札、貼函、成型品トレー、プラスチックダンボール、クリアケース(PP・PET)、各種粘着テープ、梱包用バンド・紐、その他包装資材の販売、組立、内容物セットアップ
資本金 2,000万円
従業員 50名
設備状況 本社 延1246.09㎡
亀岡工場 延5,659㎡
美粧印刷機 1台
FFG 1台
平板打抜機 3台
グルアー 3台

アクセス

本社

本社外観

〒601-8325
京都府京都市南区吉祥院八反田町7-1
TEL 075-585-1135 
FAX 075-681-5567

  • 近鉄京都線「十条駅」西へ徒歩約15分
  • 地下鉄烏丸線「十条駅」西へ徒歩約20分
  • JR「京都駅」烏丸口から市バス42に乗車、「落合町」で下車(乗車時間約20分)
  • JR「西大路駅」南へ徒歩約15分

亀岡工場

亀岡工場 外観

〒621-0016
京都府亀岡市大井町南金岐重見66番地
TEL 0771-24-6801 
FAX 0771-24-6825

  • JR山陰本線(嵯峨野線)「並河駅」から、徒歩20分
ページの先頭に戻る