ブログ
講習『職場で取り組むストレスマネジメント』
11月26日 | writer:kikaku_S

 講師の先生をお招きして、『職場で取り組むストレスマネジメント』講習を受講しました。

たいへん勉強になったので、まとめも兼ねてブログに書かせていただきます!
 
 
まず、ストレスは必ずしも悪いものではないというお話しから始まりました。
適度で、コントロールできてさえいれば、ストレスはプラスにも生かせるということです。ただし、ストレスの受け方には個人差があるので、そこは要注意。
 
メンタルヘルスケアには大きく分けて
①自らを対象としたセルフケア
②管理職・監督者が部下を対象とするラインケア
③産業医・医師によるケア
の三つがあり、今日のお話しは①セルフケアと②ラインケアに的を絞ったものとなります。
 
セルフケアのポイントは
①理解(正しい知識)
②ストレスへの気づき
③対処(3R)の3点。
3RというのはRest(休息)、Recreation(休養・気晴らし)Relax(リラックス)の頭文字を取ったもので主な対処の方法です。それに加えて、時にはストレスを認めるといった心の持ち方を見直すのも有効です。
 
ここで、講師の先生から「男女別のストレス解消法一位は何か」というクイズ。
画面では1番目は空欄になっており、2位から10位くらいまでの項目は表示されています。
僕が真っ先に思いついたのが
ネコチャン
20181014_194804.jpg
 
2位から10位まで順に見ても猫、あるいはペットというのがないので、自信を深めながら「猫です!」と答えましたが……
答えは本ブログの最後に載せますのでみなさんも考えてみてください。
なんであれ、ストレス解消の方法を持つことは大事ということでした。僕の場合ネコチャンとなります。
 
続いてラインケア
言い換えると「周囲が異変に気付き、適切に対処すること」です。
まず、簡単なゲームで「他人のことは、思っているよりも分からない」ということを知りました。
そんな他人の異変に気付くためには、日ごろの声かけ、話しを聞いてやること、様子を注意深く観察することなどが大事だということを学びました。
特に話しをただ「聞く」だけでなく、「傾聴」すること。これは、今後とも意識して行っていきたいですね。
 
ここで、急にシリアスな表情で話されたのが、「死」や「命」に関する言葉が出たら、絶対その場で一人にしてはいけないということ。幸いにして今までそういった言葉は職場で耳にしたことはありませんが、この知識は忘れず覚えておこうと思いました。
 
正しい知識を身に付け、これまでより、自分のケアも、周りのケアにも心を割いていこうと思えた講習でした。
講師の先生方、ありがとうございました。
 
 
男性のストレス解消法1位…酒(意外!)
女性のストレス解消法1位…おしゃべり
Sのストレス解消法…ネコチャーーーン!(項目がなかったことを根に持っている笑)
20181224_162029.jpg
京都民謡の会♬ in京都教育文化センター
11月18日 | writer:内勤 O

 こんにちは!久々の投稿となります。内勤Oです。

1年ぶりになりますかね(笑)?

 

先週から気温も下がり、暖房器具が必要な時期となってきました。

インフルエンザも流行って来ています。予防対策はしっかりしていかないと・・・

 

さて、今回は知り合いの民謡会、20周年記念大会へ

友情出演として15名程で三味線合奏に参加してきました。

三味線1.jpg

 

三味線2.jpg

 

会場は満席!

皆さん「会主には世話になり、長年のお付き合いになります」

と出演者の方々はおっしゃられているのを見ていて

会主の人徳があるから、こんなに来場者も多く友情出演者もいらっしゃるのだなと実感しました。

 

このような会に私も参加でき、本番合奏も前列でお客様との距離かちかッと思いましたが、

なんとか無事演奏できました♪

 

色々なジャンルの音楽もあり、学ぶことも多い一日でした!!

で、可愛らしいガチャガチャがあったので・・・

(私は一番左の柄しかないのですが、全種類ゲットされた方から頂きました)

三味線3.jpg

 

組立てが結構大変・・。かなり細かな作業ではあります~。

2019年 京都まち美化大作戦
11月05日 | writer:

今年も「京都まち・美化大作戦」へ有志一同で参加してまいりました。

IMG_0664.jpg

 IMG_0678.JPG

気持ちの良い秋晴れで、絶好の掃除日和となりました。

大手企業や市民団体などたくさんの人々が集う開会式を経て、

京都市長や舞妓さんの後へ続き京都市街へ繰り出しました

 IMG_0688.jpg

IMG_0691.JPG

 (舞妓はんの目線GET!)

 

弊社は梅小路公園周辺を担当。

もともと綺麗な公園でしたが、より美しくすることができました。

 

今後も京都の企業として、常に景観への配慮を忘れずに努めていきたいと思います。

 

Page:  
月別アーカイブ
2016年4月 [3]
2014年1月 [1]
2013年5月 [1]
2011年9月 [3]
2010年8月 [4]
2010年7月 [3]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2019年11月 [1]
2019年9月 [1]
2019年8月 [1]
2019年7月 [1]
2019年4月 [2]
2019年3月 [1]
2019年1月 [4]
2018年11月 [2]
2018年10月 [1]
2018年9月 [1]
2018年8月 [1]
2018年4月 [2]
2018年3月 [2]
2018年2月 [2]
2017年12月 [2]
2017年10月 [1]
2017年8月 [2]
2017年7月 [1]
2017年6月 [4]
2017年5月 [1]
2017年4月 [2]
2017年2月 [1]
2017年1月 [1]
2016年11月 [3]
2016年10月 [1]
2016年9月 [1]
2016年7月 [3]
2016年6月 [1]
2016年5月 [2]
2015年11月 [1]
2014年11月 [1]
2014年3月 [1]
2013年11月 [1]
2012年11月 [1]
2011年11月 [1]
2011年9月 [1]
2011年6月 [1]
2011年3月 [2]
2011年1月 [1]
2010年11月 [1]
2010年9月 [2]
2019年12月 [1]
2019年11月 [3]
2019年10月 [1]
2019年9月 [2]
2019年8月 [3]
2019年7月 [1]
2019年6月 [1]
2019年5月 [1]
2019年4月 [2]
2019年3月 [2]
2019年2月 [1]
2019年1月 [4]
2018年12月 [1]
2018年11月 [3]
2018年10月 [1]
2018年9月 [1]
2018年8月 [4]
2018年6月 [2]
2018年4月 [2]
2018年3月 [3]
2018年2月 [4]
2018年1月 [1]
2017年11月 [1]
2017年10月 [3]
2017年9月 [1]
2017年8月 [1]
2017年7月 [1]
2017年6月 [2]
2017年5月 [1]
2017年4月 [3]
2017年2月 [1]
2017年1月 [2]
2016年12月 [1]
2016年11月 [1]
2016年10月 [1]
2016年9月 [3]
2016年7月 [2]
2016年6月 [1]
2016年5月 [1]
2016年4月 [2]
2015年10月 [1]
2015年9月 [1]
2015年5月 [1]
2015年4月 [1]
2015年3月 [2]
2015年2月 [2]
2015年1月 [2]
2014年11月 [1]
2014年10月 [2]
2014年9月 [2]
2014年8月 [2]
2014年7月 [2]
2014年6月 [1]
2014年5月 [2]
2014年4月 [2]
2014年3月 [2]
2014年2月 [2]
2014年1月 [2]
2013年12月 [2]
2013年11月 [4]
2013年10月 [2]
2013年9月 [2]
2013年8月 [2]
2013年7月 [2]
2013年6月 [1]
2013年5月 [3]
2013年4月 [2]
2013年3月 [2]
2013年2月 [1]
2013年1月 [1]
2012年12月 [1]
2012年11月 [1]
2012年10月 [2]
2012年9月 [2]
2012年8月 [1]
2012年7月 [1]
2012年6月 [2]
2012年5月 [2]
2012年4月 [2]
2012年3月 [2]
2012年1月 [2]
2011年12月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [4]
2011年7月 [1]
2011年6月 [1]
2011年4月 [1]
2011年3月 [1]
2011年1月 [1]
2010年12月 [1]
2010年9月 [2]
2012年4月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [3]
2010年6月 [1]
2016年11月 [1]
2016年7月 [1]
2016年5月 [2]
2013年12月 [1]
2013年8月 [1]
2013年7月 [1]
2013年4月 [2]
2012年11月 [1]
2012年4月 [1]
2011年9月 [3]
2010年9月 [2]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2015年9月 [1]
2014年1月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2012年3月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [1]
2010年10月 [1]
2010年9月 [1]
2010年7月 [3]
2010年6月 [2]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2019年11月 [1]
2019年9月 [1]
2019年8月 [1]
2019年7月 [1]
2019年4月 [2]
2018年12月 [1]
2018年9月 [1]
2018年4月 [2]
2017年12月 [1]
2017年10月 [1]
2017年9月 [1]
2017年8月 [1]
2017年6月 [1]
2016年12月 [1]
2016年11月 [2]
2016年10月 [1]
2016年9月 [2]
2010年7月 [3]
2015年9月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2010年6月 [2]
2016年4月 [1]
2013年7月 [1]
2011年9月 [2]
2010年7月 [4]
2010年6月 [2]
2011年9月 [1]
2010年8月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]