ブログ
【箱の星からハロー3】第11話「はこ男たちと仲良くなった、はこ男たち の巻」
12月26日 | writer:はこ男とはこ美

 

 

 はこ男はこ美_原画.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

へぇ。それで君たちは、hakoおじさんの失われた記憶を取り戻すために旅をしているんだね。

yax_はこ男はこ美.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

そうなんだ。ただ、hakoおじさんの記憶を盗んでいったはずの宇宙箱やボス宇宙箱は、なんだかhakoおじさんと仲が良いみたいなんだ。hakoおじさんも、自分の記憶が盗まれたというのに平気な顔をしているし。


そうだったのか。なんとなくはこ男くんたちの事が分かって来たような気がするよ。



僕もだよ。世界に僕がまさか2人もいたなんて。



ちなみにはこ男くん、今日はどこに帰るんだい?



え?家に帰るつもりだよ。箱家に。


僕たちも箱家に帰るんだけど。


ええ!?どういう事だ?僕ら帰る家が同じだっていうのか!?


ねぇ。もう1人のおにいちゃん、その背中に背負っている箱は何?


ん?ああ、これは、タイムマシンだよ。


・・・・え?


だから、タイムマシンさ、過去とか未来とかに移動出来る機械なんだ。・・・・・・・・!?


 

おにいちゃん、私たち、そういえばこのタイムマシンを使ったわね。

 

そうだな。

 

しかも、一度しか使ってないワ。

 

そうだな。

 


と、いうことは。・・・・・・・・・・。

 

そうだな。

 

タイムマシンを持っている僕ということは、未来から来たんだね。

 


と、いうことは、hakoおじさんが僕たちの知っている箱のことを知らなかったのも、過去のhakoおじさんだったからか。

 

なんだったのかしら、この数ヶ月は。

 


でも、薄々そんな気がしていた気がするよ。じゃ、過去の僕たち、また。

 


あ、ちょっとまって、お土産にこれを。
 

写真 2016-12-14 13 06 36.jpg

ん?普通の貼箱じゃないか。こんなのどこにでもありそうだけど。。

 

そうね。でもどうして天地が反対に置かれているのかしら。

 

これはこの置き方が正しいんだ。あけてみてよ。

 

写真 2016-12-14 12 00 45.jpg

 

あっ。仕切りが入ってる!これは、フタの方が大きい箱だったんだね。

 

そうさ。瓶に入った佃煮やジャムなんかが、フタをあけた瞬間に良く見えるだろ?店先で陳列する時にだって、とっても便利なんだ。

 

そうか。一見すると普通のものも、角度や見方を変えるだけで斬新なものになるって事だね。さすが過去の僕だ!

 

簡単そうに見えるけど、確かにあまり見た事が無いワ。

 

ありがとう!これを持って、未来に帰るとするよ!

 

元気で!さようなら!!!

 

〜はこ男とはこ美は、数年ぶりに自分たちの年代にようやく帰ったのでした〜

 


次回、【箱の星からハロー3】第12話「箱星の観光を終えたhakoおじさんたち の巻」お楽しみに!!!
 

 

 

Page:  
月別アーカイブ
2016年4月 [3]
2014年1月 [1]
2013年5月 [1]
2011年9月 [3]
2010年8月 [4]
2010年7月 [3]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2017年8月 [1]
2017年7月 [1]
2017年6月 [4]
2017年5月 [1]
2017年4月 [2]
2017年2月 [1]
2017年1月 [1]
2016年11月 [3]
2016年10月 [1]
2016年9月 [1]
2016年7月 [3]
2016年6月 [1]
2016年5月 [2]
2015年11月 [1]
2014年11月 [1]
2014年3月 [1]
2013年11月 [1]
2012年11月 [1]
2011年11月 [1]
2011年9月 [1]
2011年6月 [1]
2011年3月 [2]
2011年1月 [1]
2010年11月 [1]
2010年9月 [2]
2017年8月 [1]
2017年7月 [1]
2017年6月 [2]
2017年5月 [1]
2017年4月 [3]
2017年2月 [1]
2017年1月 [2]
2016年12月 [1]
2016年11月 [1]
2016年10月 [1]
2016年9月 [3]
2016年7月 [2]
2016年6月 [1]
2016年5月 [1]
2016年4月 [2]
2015年10月 [1]
2015年9月 [1]
2015年5月 [1]
2015年4月 [1]
2015年3月 [2]
2015年2月 [2]
2015年1月 [2]
2014年11月 [1]
2014年10月 [2]
2014年9月 [2]
2014年8月 [2]
2014年7月 [2]
2014年6月 [1]
2014年5月 [2]
2014年4月 [2]
2014年3月 [2]
2014年2月 [2]
2014年1月 [2]
2013年12月 [2]
2013年11月 [4]
2013年10月 [2]
2013年9月 [2]
2013年8月 [2]
2013年7月 [2]
2013年6月 [1]
2013年5月 [3]
2013年4月 [2]
2013年3月 [2]
2013年2月 [1]
2013年1月 [1]
2012年12月 [1]
2012年11月 [1]
2012年10月 [2]
2012年9月 [2]
2012年8月 [1]
2012年7月 [1]
2012年6月 [2]
2012年5月 [2]
2012年4月 [2]
2012年3月 [2]
2012年1月 [2]
2011年12月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [4]
2011年7月 [1]
2011年6月 [1]
2011年4月 [1]
2011年3月 [1]
2011年1月 [1]
2010年12月 [1]
2010年9月 [2]
2012年4月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [3]
2010年6月 [1]
2016年11月 [1]
2016年7月 [1]
2016年5月 [2]
2013年12月 [1]
2013年8月 [1]
2013年7月 [1]
2013年4月 [2]
2012年11月 [1]
2012年4月 [1]
2011年9月 [3]
2010年9月 [2]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2015年9月 [1]
2014年1月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2012年3月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [1]
2010年10月 [1]
2010年9月 [1]
2010年7月 [3]
2010年6月 [2]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2017年8月 [1]
2017年6月 [1]
2016年12月 [1]
2016年11月 [2]
2016年10月 [1]
2016年9月 [2]
2010年7月 [3]
2015年9月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2010年6月 [2]
2016年4月 [1]
2013年7月 [1]
2011年9月 [2]
2010年7月 [4]
2010年6月 [2]
2011年9月 [1]
2010年8月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]