ブログ
【箱の星からハロー2】第三話「帰ってきた、箱元さん の巻」
06月11日 | writer:hakoおじさん

 

箱玄さん.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ピュ〜ルル〜
ただいま。
 

箱侍.gif

お、箱元さん、おかえりなすって。先ほどポストマンが来て、箱元さんにこれを。

私にかい?なになに。お、箱守さんからじゃないか。はっはっは、北海道でうまくやっているようだ。

箱守さん?箱元さんは箱守さんを知っているのでござるか?

箱守さんはhakoおじさんの側近仲間の中では同期なんだよ。箱侍は箱守さんに会った事があるのかい?

昔、北海道でヒグマに襲われていたところを助けて貰ったでござる。

なるほど、箱守さんは強いからなぁ。

手紙にはなんて?

画期的な緩衝設計を発見したようだ。京都の箱屋さんからわざわざ取り寄せたらしい。ん?なんだ?一見するとただの仕切りのように見えるが。。

瓶2本入り.jpg

これは!?箱元さん、これは画期的でござるよ!

箱侍、何かわかったのか?

よく見るでござる。この仕切り・・・大きい瓶と小さい瓶、同じ仕切りが使われているでござる!

まさかっ。全然形が違うじゃないか。確かに、形の違う瓶を入れるための仕切りが共通のもので対応できたら、大きなコストダウンになるし環境にも良く画期的だが。。。
 

瓶共通仕切り2.gif

ん?何やら点線が見えるなぁ。なるほど、2通りの折り方があるのか?
 

瓶共通仕切り1.gif

おお!赤い仕切りで背が低い瓶のキャップ部分を支えているところは、折らずに組んだら背が高い瓶の底部分が入るというわけか。
 

瓶共通仕切り3.gif

こちら側も同じでござる。赤い仕切りの背が低い瓶が入る底部分を折り込むと、背が高い瓶のキャップ部分を支えられるようになっているでござる。


瓶を入れる方向を変えることで、同じ仕切りでも別々の大きさの瓶を支えることが出来るようになるなんて。なんて素晴らしい仕切りなんだ!


未来の地球には素晴らしい緩衝設計が多いでござるなぁ。やはり時空を超えてやってきた甲斐があったでござる。

箱侍、しかし再び君の時代に戻ろうと思ったら、もう一度、箱竜に出会わなければいけないんだろう?

それでござる。風の噂で箱元さんのいるここから近いヨセミテ公園に行けば会えるはずだったのでござるが、既に誰かが呼び覚ましてしまっていたのでござる。拙者、帰れなくなってしまったでござる。

まぁ、私の新曲でも聞きながら、先ゆきを考えようじゃないか。

それもそうでござるな。拙者、先週の録画していた大河ドラマもまだ見ていないでござる。もう少しこの時代でゆっくりしていくでござる。
 

 

ー箱侍はまだしばらくは、箱元さんの家に居候する事になったのでしたー


次回、【箱の星からハロー2】第四話、「特色とプロセスカラーの違い の巻」お楽しみに!
 

 

 

 

 

 

 

 

Page:  
月別アーカイブ
2016年4月 [3]
2014年1月 [1]
2013年5月 [1]
2011年9月 [3]
2010年8月 [4]
2010年7月 [3]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2017年8月 [1]
2017年7月 [1]
2017年6月 [4]
2017年5月 [1]
2017年4月 [2]
2017年2月 [1]
2017年1月 [1]
2016年11月 [3]
2016年10月 [1]
2016年9月 [1]
2016年7月 [3]
2016年6月 [1]
2016年5月 [2]
2015年11月 [1]
2014年11月 [1]
2014年3月 [1]
2013年11月 [1]
2012年11月 [1]
2011年11月 [1]
2011年9月 [1]
2011年6月 [1]
2011年3月 [2]
2011年1月 [1]
2010年11月 [1]
2010年9月 [2]
2017年8月 [1]
2017年7月 [1]
2017年6月 [2]
2017年5月 [1]
2017年4月 [3]
2017年2月 [1]
2017年1月 [2]
2016年12月 [1]
2016年11月 [1]
2016年10月 [1]
2016年9月 [3]
2016年7月 [2]
2016年6月 [1]
2016年5月 [1]
2016年4月 [2]
2015年10月 [1]
2015年9月 [1]
2015年5月 [1]
2015年4月 [1]
2015年3月 [2]
2015年2月 [2]
2015年1月 [2]
2014年11月 [1]
2014年10月 [2]
2014年9月 [2]
2014年8月 [2]
2014年7月 [2]
2014年6月 [1]
2014年5月 [2]
2014年4月 [2]
2014年3月 [2]
2014年2月 [2]
2014年1月 [2]
2013年12月 [2]
2013年11月 [4]
2013年10月 [2]
2013年9月 [2]
2013年8月 [2]
2013年7月 [2]
2013年6月 [1]
2013年5月 [3]
2013年4月 [2]
2013年3月 [2]
2013年2月 [1]
2013年1月 [1]
2012年12月 [1]
2012年11月 [1]
2012年10月 [2]
2012年9月 [2]
2012年8月 [1]
2012年7月 [1]
2012年6月 [2]
2012年5月 [2]
2012年4月 [2]
2012年3月 [2]
2012年1月 [2]
2011年12月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [4]
2011年7月 [1]
2011年6月 [1]
2011年4月 [1]
2011年3月 [1]
2011年1月 [1]
2010年12月 [1]
2010年9月 [2]
2012年4月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [3]
2010年6月 [1]
2016年11月 [1]
2016年7月 [1]
2016年5月 [2]
2013年12月 [1]
2013年8月 [1]
2013年7月 [1]
2013年4月 [2]
2012年11月 [1]
2012年4月 [1]
2011年9月 [3]
2010年9月 [2]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2015年9月 [1]
2014年1月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2012年3月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [1]
2010年10月 [1]
2010年9月 [1]
2010年7月 [3]
2010年6月 [2]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2017年8月 [1]
2017年6月 [1]
2016年12月 [1]
2016年11月 [2]
2016年10月 [1]
2016年9月 [2]
2010年7月 [3]
2015年9月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2010年6月 [2]
2016年4月 [1]
2013年7月 [1]
2011年9月 [2]
2010年7月 [4]
2010年6月 [2]
2011年9月 [1]
2010年8月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]