ブログ
【箱の星からハロー】第九話「船の上での出会い の巻」
01月27日 | writer:George P Box Jr.

〜前回までのあらすじ〜
箱爛々の家で年末年始をのんびり過ごしたはこ男とはこ美は、箱蘭々に近くの港まで送って貰っているのでした。
 

yax_はこ男はこ美.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

なるほど、箱の表面をツルツルぴかぴかにする「光沢加工」には、いくつかの方法があるというんですね。
 

箱蘭々_WEB用.jpgのサムネール画像

そうよ。印刷物の表面に合成樹脂塗料をコーティングする方法もあれば、フィルムをラミネートして艶を出す方法なんかもあるのよ。

へぇ☆私、ただ単に二スを上から塗っているだけだと思っていました☆

二スを塗るという工程にも繊細な作業が必要なの。表面に均一に塗布した後、乾燥させて、ローラーで圧力と熱を加えたり、冷却したりと、美しい箱を作るには色々な工夫がされているの。

凄いなぁ。箱蘭々さんは本当に表面加工について詳しいんですねっ。

あ、お兄ちゃん、日本行きの船が来ているワ★

ホントだ!あれに乗ったら無事に僕たちは世界一周だ!

もうお別れなのね。本当に寂しいワ。また私のラーメンが食べたくなったらいつでもいらっしゃい。

はい!旅のどこかで箱蘭々さんが探しているGeorge P Box Jr.さんを見つけたら、ちゃんと箱蘭々さんの事を話しておきますね!

George.P.Box_Jr.jpg

君たち、この船に乗るのかい?だったら急いだ方がいい。もうすぐ船を出すからね。

わ!船長さんだ!かっこいい!!
 

箱蘭々_WEB用.jpgのサムネール画像

は!あ、あなたは!!!?

めずらしいな。箱星の住人が3人も。は!もしや君は!!

え?箱爛々さん、知ってる人ですか?

もしや君は、箱蘭々君ではないか。久しぶりだなぁ。

ご無沙汰しています!George P Box Jr.!

えぇ〜!箱蘭々さん!この人があの、箱蘭々さんがずっと探してたっていうGeorge P Box Jr.さんなんですか!!

えぇそうよ!George P Box Jr.、私はあなたに憧れて表面加工について勉強しました。よければ私の作ったラーメンを食べて頂けませんか?

あぁ、ありがとう、丁度ハラペコだったんだ。ところでhakoおじさんを始め、皆は元気かい?

えぇ、この兄妹はhakoおじさんの命によって、地球の箱事情を見に来ているらしいの。

おぉそうかそうか。hakoおじさんも元気そうでよかった。よし君たち、この船が日本に着くまで、僕が表面加工について色々教えてあげよう!

本当ですか!?やったー!

はこ男くん、はこ美ちゃん、素敵な出会いをありがとう★

また遊びにきますね!ありがとうございます箱蘭々さん!!

George.P.Box_Jr.jpgのサムネール画像

よし、ではまず、光沢加工の簡単な歴史から説明しよう。そもそもの始まりは、明治12年にヨーロッパから日本に二ス引きが伝えられ、明治17年ごろまでの間に現在の光沢加工業の礎が築かれたんだ。

へぇ!そんなに昔から!


当初、自家製の松脂であった塗料は、塗料メーカーの研究開発が進み、昭和37年頃には、塩化ビニールからアクリル、その他の合成樹脂(化学合成によって作った樹脂)を使用するようになったんだ。
最初は、線香の包装(防湿)缶詰のレッテルやポスター(防水)に利用され、戦後の昭和22年頃から、絵本、メンコ、プロ野球選手のプロマイド、教科書の表紙、教材の地図等に加工されるようになったんだよ。

わぁ!なんだか一気に表面加工の博士になった気分です!

うむ。世界はまだまだ広いのさ!さぁ、旅は長い、君たちの部屋に案内しよう。

はい!!


ーはこ男とはこ美はGeorge P Box Jr.が船長を務める船で、日本に帰る事になったのでしたー

次回、【箱の星からハロー】第十話、「hakoおじさんの全身! の巻」お楽しみに!

 

 

 

 

 

伏見稲荷さんへ行ってきました
01月09日 | writer:企画 H

新年明けましておめでとうございます。
今年もパックス・サワダをよろしくお願い致します。

原因不明の腰痛に悩まされております、企画のHです。
みなさんお元気でいらっしゃいますか?2014年も健康で、お仕事頑張りましょう!

さてさて、私企画のHは、営業のM部長とIさんの3人で、仕事初めの日に伏見稲荷大社へ初詣に行ってきました。
お稲荷さんといえば、商売繁盛★去年のお守りをお返しして、新しいものを頂いてきました。

お正月休みが終わったというのに、人はまだまだ沢山で、またお着物で参拝されている方も多く、京都らしいなぁとほっこりしました★

何枚か写真を撮ってきましたのでご覧ください☆

お参り2.jpg

寒空の下、出発した頃は小雨が降っていたのですが、参拝する頃にはお日様が顔を出してくれました☆
幸先の良いスタートになりそうです☆

お参り.jpg

新年のご挨拶★

千本鳥居2.jpg

 

せっかくなので、お稲荷さん名物の千本鳥居をくぐってきました★

千本鳥居.jpg

 

朱色が美しいですねv なんだか不思議な気持ちになりました★


京都にお越しの際は是非、伏見稲荷大社へお立ち寄りくださいv
2014年も、皆様にとって素敵な一年になりますように★
 

Page:  
月別アーカイブ
2016年4月 [3]
2014年1月 [1]
2013年5月 [1]
2011年9月 [3]
2010年8月 [4]
2010年7月 [3]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2017年8月 [1]
2017年7月 [1]
2017年6月 [4]
2017年5月 [1]
2017年4月 [2]
2017年2月 [1]
2017年1月 [1]
2016年11月 [3]
2016年10月 [1]
2016年9月 [1]
2016年7月 [3]
2016年6月 [1]
2016年5月 [2]
2015年11月 [1]
2014年11月 [1]
2014年3月 [1]
2013年11月 [1]
2012年11月 [1]
2011年11月 [1]
2011年9月 [1]
2011年6月 [1]
2011年3月 [2]
2011年1月 [1]
2010年11月 [1]
2010年9月 [2]
2017年8月 [1]
2017年7月 [1]
2017年6月 [2]
2017年5月 [1]
2017年4月 [3]
2017年2月 [1]
2017年1月 [2]
2016年12月 [1]
2016年11月 [1]
2016年10月 [1]
2016年9月 [3]
2016年7月 [2]
2016年6月 [1]
2016年5月 [1]
2016年4月 [2]
2015年10月 [1]
2015年9月 [1]
2015年5月 [1]
2015年4月 [1]
2015年3月 [2]
2015年2月 [2]
2015年1月 [2]
2014年11月 [1]
2014年10月 [2]
2014年9月 [2]
2014年8月 [2]
2014年7月 [2]
2014年6月 [1]
2014年5月 [2]
2014年4月 [2]
2014年3月 [2]
2014年2月 [2]
2014年1月 [2]
2013年12月 [2]
2013年11月 [4]
2013年10月 [2]
2013年9月 [2]
2013年8月 [2]
2013年7月 [2]
2013年6月 [1]
2013年5月 [3]
2013年4月 [2]
2013年3月 [2]
2013年2月 [1]
2013年1月 [1]
2012年12月 [1]
2012年11月 [1]
2012年10月 [2]
2012年9月 [2]
2012年8月 [1]
2012年7月 [1]
2012年6月 [2]
2012年5月 [2]
2012年4月 [2]
2012年3月 [2]
2012年1月 [2]
2011年12月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [4]
2011年7月 [1]
2011年6月 [1]
2011年4月 [1]
2011年3月 [1]
2011年1月 [1]
2010年12月 [1]
2010年9月 [2]
2012年4月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [3]
2010年6月 [1]
2016年11月 [1]
2016年7月 [1]
2016年5月 [2]
2013年12月 [1]
2013年8月 [1]
2013年7月 [1]
2013年4月 [2]
2012年11月 [1]
2012年4月 [1]
2011年9月 [3]
2010年9月 [2]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]
2015年9月 [1]
2014年1月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2012年3月 [1]
2011年10月 [1]
2011年9月 [1]
2010年10月 [1]
2010年9月 [1]
2010年7月 [3]
2010年6月 [2]
2010年9月 [1]
2010年7月 [2]
2017年8月 [1]
2017年6月 [1]
2016年12月 [1]
2016年11月 [2]
2016年10月 [1]
2016年9月 [2]
2010年7月 [3]
2015年9月 [1]
2013年10月 [1]
2012年4月 [1]
2010年6月 [2]
2016年4月 [1]
2013年7月 [1]
2011年9月 [2]
2010年7月 [4]
2010年6月 [2]
2011年9月 [1]
2010年8月 [1]
2010年7月 [2]
2010年6月 [1]